社長ご挨拶

関西ティーイーケィ株式会社
代表取締役社長
尾藤 武

関西ティーイーケィは、1973年に東レエンジニアリング(株)全額出資で、住宅および一般建築事業の請負を目的として、創設されて以降、事業分野を拡大・転換しつつ、設備・機器に関する各種技術・サービスを提供する会社として、これまで多くのお客様に支えられながら成長して参りました。
今では、長年の東レ(株)向けプラント建設工事と設備保全業務によって培われてきた技術・経験をベースに、その強みを外部向けプラントの設計・施工や機器の設計・製作に活かして事業を展開し、幅広い分野でお客様の多様なニーズにお応えしております。

当社の事業は、EMM(エンジニアリング/マニュファクチャリング/メンテナンス)を旗印に、これら3つを主要な柱としております。
E「エンジニアリング」事業は、プラント建設を主体とする事業で、主に設備の基本計画・設計から機器調達、建設工事、試運転・調整まで、一連のサービスを提供することが可能であり、柔軟な発想と技術力で提案型ビジネスを展開しております。
M「マニュファクチャリング」事業は、産業機械の大型部品製作・精密加工や制御盤の製作を主体とする事業です。様々な分野でお客様の効率の良い生産設備の構築に寄与する機器・部品の提供を行っております。
M「メンテナンス」事業は、東レ(株)の滋賀・愛媛・石川の各工場の製造設備保全の実務を通じてノウハウを蓄積してきた事業で、予知・予防の観点も含めてこれら工場生産設備の安定稼働を図るとともに、ここで培った設備保全の技術・技能を外部のお客様にも提供させていただいております。

日々著しい社会変化と技術進歩の中、当社は、東レ/東レエンジニアリンググループの一員として「安全・CSRを重視する企業経営」の理念を踏襲しつつ、親会社や関係会社とも連携しながら、益々高度化、多様化、グローバル化するお客様の要求に的確かつタイムリーにお応えすることを使命ととらえ事業を推進して参ります。
総合エンジニアリング会社としての発展を目指す当社を、より多くのお客様にご理解いただき、ご愛顧賜れば大変ありがたく存じます。